(動画)斎藤兵庫知事「人流削減とクラスター対策は県民に強く要請」対策本部



 兵庫県の斎藤元彦知事は17日に開いた新型コロナウイルス感染症対策本部会議の冒頭にあいさつし、国が兵庫県も緊急事態宣言の対象する見通しになったことから、兵庫県で実施する「緊急事態措置の内容について議論いただきたい」と話した。そのうえで斎藤知事は「国の基本的対処方針に基づくが、昨日の記者会見等で申した通り国には緊急事態措置を強化するよう要請した」と説明。特に「人流削減対とクラスター対策の2つの柱は県民のみなさんにしっかりお伝えし、強く要請していくことが大事」と強調した。

 斎藤氏は加えて「特に飲食店でのマスク着用の徹底をお願いしたい」と話した。兵庫県が発表した17日の新規感染者数は853人と、12日の728人を上回って過去最高を更新していた。兵庫県に緊急事態宣言が発令されるのは今回で4度目。

 会議は冒頭の知事あいさつのみ報道機関に公開した。会議終了後に知事が記者会見して、会議の内容について説明する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告