(動画)斎藤兵庫知事「国との協議も相談したい」 コロナ対策本部で冒頭あいさつ



 兵庫県の斎藤元彦知事は12日に開いた新型コロナウイルス感染症対策本部会議の冒頭にあいさつし、この日の新規感染者数が過去最高の728人になったことから「県内の状況はきわめて厳しい状況になったというのが事実」と指摘した。そのうえで「入院医療体制の強化や、ホテル(宿泊療養施設)の強化について議論させていただきたい」と述べた。さらに「まん延防止等重点措置について、国との協議を今度どうするかなどについても相談させていただきたい」として、緊急事態宣言を国に要請すべきか議論することも示唆した。

 斎藤知事にとっては8月1日の就任以来、初めての新型コロナ対策本部会議になる。会議は冒頭の知事あいさつのみ報道機関に公開した。会議終了後に知事が記者会見して、会議の内容について説明する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告