兵庫県「まん延防止等重点措置」一覧表 措置区域で酒類提供禁止(発表資料より)

 兵庫県は30日夕方に新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、8月2日からの「まん延防止等重点措置」で実施する新たな対策を決めた。政府が同県に新型コロナウイルスの「まん延防止」を適用すると決めたのを受けて、期間中の対策を決めた。要請に従わない場合に命令への切り替えや、罰則の適用なども可能な「措置区域」は29日に厳しい要請の対象とした地域である神戸市、阪神南・阪神北(※1)・東播磨地域(※2)、姫路市の15市町とした。

◆兵庫県「まん延防止等重点措置実施区域の指定に伴う措置(概要)」◆
(8月1日までと異なる対策は下線で示した)

区分 まん延防止等重点措置(特措法第31条6の第2項、第24条9項)

区域 兵庫県全域(措置区域:神戸市、阪神南・阪神北・東播磨地区、姫路市

期間 8月2日(月)〜8月31日(火) 30日間

1 外出自粛等
◯感染拡大地域との不要不急の往来の自粛 等

2 飲食店
措置区域:神戸市、阪神南・阪神北地域、東播磨地域、姫路市
◯時短要請 ・午前5時〜午後8時
◯酒類提供 ・禁止

その他区域:北播磨、姫路市除く中播磨、西播磨、丹波、淡路地域
◯時短要請 ・午前5時〜午後9時
◯酒類提供 ・午前11時〜午後8時
      ・酒類提供の場合の「一定の要件」(※3)遵(じゅん)守

共通
◯感染対策徹底
  ・「新型コロナ対策適性店認証」取得の推奨
  ・カラオケ設備の利用自粛の要請

3 多数利用施設(※4)
措置区域:神戸市、阪神南・阪神北地域、東播磨地域、姫路市
午後8時までの時短協力依頼(入居レストランなどで酒類提供禁止)

その他区域:北播磨、姫路市除く中播磨、西播磨、丹波、淡路地域
午後9時までの時短協力依頼(酒類提供は午後8時まで)

共通
◯イベント開催制限の要件を準用した施設の運用を要請
◯業種別ガイドラインを踏まえた感染対策の徹底

4 イベント開催制限
◯国の開催基準に準拠
・収容定員:50%以内(大声を出さない場合100%以内)
・人数上限:5000人

5 出勤抑制
◯在宅勤務(テレワーク)の推進

※1 阪神北・南地域とは
 伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町(以上阪神北)、尼崎市、西宮市、芦屋市(以上阪神南)の7市1町のこと

※2 東播磨地域とは
 明石市、加古川市、高砂市、稲美町、播磨町の3市2町のこと

※3 一定の要件とは
 アクリル板の設置(または座席の1メートル以上の間隔の確保)、手指消毒の徹底、食事中以外のマスク着用の推奨、換気の徹底、1グループ4人以内の利用

※4 多数利用施設とは
 劇場、観覧場、映画館、演芸場、集会場、公会堂、展示場、百貨店、マーケットその他の物品販売業を営む店舗(生活必需物資売り場を除く)、ホテルまたは旅館(集会の用に供する部分)、運動施設、遊技場、博物館、美術館、遊興施設(飲食店営業の許可を得ていない)、サービス業を営む店舗(生活必需サービスを除く)を営む店舗

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告