神戸空港に期間限定店舗が相次ぎ登場 第1弾に高級食パン「コウベ堂」など

20190701神戸空港ターミナル

 神戸空港を運営する関西エアポート神戸(神戸市中央区)は27日、神戸空港の旅客ターミナルビル(写真=資料)内に期間限定の店舗が相次いで登場する「神戸空港SORA(そら)マーケット」を開催すると発表した。ターミナルビルの3階に専用スペースを開設。神戸発のパン・洋菓子やファッション雑貨など、個性的なセンスの光る店やブランドを次々と紹介する。第1弾として30日から8月5日まで7日間、高級食パン専門店「コウベ堂」が出店する。

 8月4〜17日の14日間は、豊岡かばんの「レガーレエター」、Qタイと呼ぶ丸形ネクタイの「テーラーコフジ」、アクセサリーの「ビジューキク」、古着店の「メニアマル」が4ブランド一斉に神戸空港に初登場する。ラ・スイート(神戸市中央区)直営のベーカリーである「ル・パン神戸北野」は8月7〜9日、同12〜15日に出店し、焼きたてのパンやフルーツを使った洋生菓子などを販売する予定だ。

 ターミナルビル3階で以前はたこ焼き店が営業していた場所を、店舗の撤退を機に改装。新たにフリースペースとして、期間限定の店舗を開設できるようにした。出店がない期間は休憩スペースなどとして利用する。今後は弁当販売、関西有名店のパンフェア、西宮スイーツフェア、神戸空港からの就航先の魅力を伝える店舗などを検討している。神戸ならでは、神戸空港ならではの店舗を次々と展開したい考えだ。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告