西村経財相がノエスタ神戸を視察 久元市長、ワクチン「特別の配慮お願いした」

20210704西村経済相

 西村康稔経済産業・再生相(1枚目の写真)は4日、神戸市が開設して楽天グループ(4755)などが運営する新型コロナウイルスのワクチン大規模接種会場のノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)を訪れ、ワクチン接種の様子などを視察した。日本で初めて医師が遠隔地から接種前に予備診断する「オンライン予診」や、この会場ならではのグラウンドの広い芝生を見ながら接種後に休憩できる「ピッチサイドウォーク」、神戸市独自の取り組みであるボランティアの若者が2回目接種の予約を手助けする「お助け隊」などの様子を確認した。

 西村経財相は、視察を終えた後に久元喜造神戸市長や、楽天グループの三木谷浩史会長兼社長、日本サッカー協会の田嶋幸三会長、神戸大学の藤沢正人学長、SBCメディカルグループ(東京都新宿区)の相川佳之代表らと30分強、非公開で意見交換した。

20210704記者会見ひな段

 意見交換後に同スタジアムで記者会見した久元市長は「神戸市のワクチン接種が順調に進んでいるのは、神戸医師会、楽天グループ、神戸大学と、産官学の連携で、オール神戸で体制を組んで接種できている」と、西村氏に声明したと明かした。そのうえで、国によるワクチンの供給源のため神戸市でも新規の接種予約を一時停止したり、一部の接種予約をキャンセルしたりといった事態になったため、「西村大臣はワクチンの直接の担当でないが、神戸市の状況に特別のご配慮をお願いした」と語った。(2枚目の写真は記者会見=前列左に久元氏、同右に三木谷氏、後列左に藤沢氏、同右に相川氏)

 西村氏は視察後の記者会見には出席しなかった。出席しなかった理由は明らかにしていない。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告