川重、神戸本社をCO2フリー電力に切り替え 年2000トンの削減に

20210701クリスタルタワー

 川崎重工業(7012)は1日、神戸市中央区の神戸本社で使用する電気を二酸化炭素(CO2)排出量ゼロ(CO2フリー)の電気に同日から切り替えたと発表した。川重神戸本社が入居し、同社などが所有するオフィスビル「神戸クリスタルタワー」(写真=資料)に、川重傘下のカワサキグリーンエナジーがCO2フリー電力の供給を開始した。川重本社や他のテナントを含めた同ビルの電力使用に伴うCO2排出量は実質ゼロ、年間およそ2000トンの排出削減を見込む。

 川重が建設・運営受託する廃棄物プラントなどで発電した電気を、カワサキグリーンエナジーが調達。同社がオフィスビル向けに供給する。電気には、化石燃料ではないエネルギー源で発電されたことを示す証書「トラッキング付きFIT非化石証書」が付いている。このため事業に必要な電力を、100%再生可能エネルギーでまかなうことをめざす国際的な企業連合「RE100」加盟社でも利用できる。

 川重は4月1日付で、CO2排出量がゼロまたは低水準の電力を取り扱うカワサキグリーンエナジーを4月1日に設立。子会社である川重商事(神戸市中央区)の電力小売り事業を分離して、川重が50.1%、川重商事が49.9%を出資した。川重では事業所全体の電気をCO2フリーに切り替えるのは、神戸本社が初めてという。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告