久元神戸市長、次回市長選への立候補を表明 「引き続き市民の命と健康を守る」

 神戸市の久元喜造市長は28日の神戸市議会本会議で「令和3年第1回定例市会」の閉会にあたりあいさつし、10月24日に投開票する次回の市長選に立候補すると表明した。久元市長は「引き続き、市民の命と健康を守るために働かせていただきたい」「コロナとの戦いの先頭に立ち、市民の命と健康を守り、神戸経済を回復させることが自分に課せられた使命であると考え、市長選に立候補を決意した」と述べた。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告