再)7月の祝日、カレンダー多く対応せず 海の日・スポーツの日・山の日が移動 

(記事は1月2日掲載分の再掲です)
20210102祝日の移動
 2021年は海の日、スポーツの日、山の日が例年と異なる日に移動する。海の日は7月22日、スポーツの日は7月23日、山の日は8月8日になる。それぞれ例年通りなら7月19日、10月11日、8月11日だった。東京五輪の開催に伴う特別措置だが、政府の発表が20年12月21日だったため、紙に印刷された多くのカレンダーで対応していない。東京五輪は開会式を7月23日に、閉会式を8月8日にそれぞれ開催する予定。8月8日は日曜のため、翌日は振替休日になる。

20210102五輪前後カレンダー

 7月19日、8月11日、10月11日は平日になる。東京五輪が順調に開催されれば、祝日の移動も浸透するとみられる。ただ、平日になる日の日付を赤い字で印刷しているカレンダーは多いとみられ、混乱が起きかねない。カレンダーを確認する際には注意が必要になりそうだ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告