まやビューライン・六甲有馬ロープウェー、土日の夜間運行を再開



 摩耶ケーブルと摩耶ロープウェーを乗り継ぐ「まやビューライン」と、有馬温泉と六甲山上を結ぶ「六甲有馬ロープウェー」では26日から、土日の夜間運転を再開した。緊急事態宣言の期間中は週末も平日同様、夕方に運転を終えていたが、解除を受けてロープウェーなどから夜景を楽しみやすくする。(動画は摩耶ロープウェー)

 摩耶ケーブルは金土日祝の最終が午後9時発(平日の最終は午後5時40分)になる。ただ最終便はロープウェーへの接続がなく、ロープウェーに接続する摩耶ケーブル駅発の最終便は午後8時40分だ。摩耶ロープウェーは金土日祝の最終が午後8時50分(平日は午後5時半)だ。7月20日〜8月31日は夏ダイヤに切り替わり、平日も夜間運行を実施し、火曜日の定休がなくなる。

 六甲有馬ロープウェーは平日の最終は午後5時10分だが、土曜は午後8時50分発、日祝に午後6時10分発に延長する。7月20日〜8月31日の夏ダイヤは、平日も土日祝も午後9時半が最終になる。

 始発の時刻はいずれも変更がなく、摩耶ケーブルが午前10時、摩耶ロープウェーが午前10時10分、六甲有馬ロープウェーが午前9時半だ。窓を大きく開けて換気するなど新型コロナウイルスの感染対策は継続する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告