フジッコ、筆頭株主ミニマル興産が「その他の関係会社」に ワイナリー取得で

 総菜メーカーのフジッコ(2908)は23日、同社の筆頭株主で、創業家の資産管理会社である「ミニマル興産」(西宮市)が「その他の関係会社」に該当することになったと発表した。3月31日付でフジッコの子会社だったフジッコワイナリーの株式について、フジッコ保有分の全株を取得。それまでフジッコとミニマル興産の間に取引関係はなかったが、改めて該当性を見直した。

 フジッコの福井正一社長は、ミニマル興産の社長も兼務する。ミニマル興産が「その他の関係会社」になったことで、「開示対象となる非上場の親会社等」に当たり、今後決算などを開示することになるとみられる。ミニマル興産が保有するフジッコ株は、議決権ベースの6万1941個(20.61%)に変更はない。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告