JR西日本系、阪神御影駅南のビル建設に着手 来春開業予定

 JR西日本(9021)傘下のJR西日本不動産開発は21日、阪神御影駅の南側の広場に面したビル「御影駅NKビル(仮称)」の建設工事に同日着手したと発表した。建設するビルは鉄骨造で地上3階建て。コンビニエンスストア、ドラッグストア、リユースショップ、クリニックモールが入居する予定で、2022年春の開業を予定する。

 土地はスーパーマーケットの田中屋本店(神戸市東灘区)が所有。建物はJR西日本不動産開発が完成後も所有して、テナント向けにに賃貸する予定だ。既存の建物はすでに撤去済み。神事など建設開始の式典も関係者のみですでに終えた。敷地面積は1133平方メートル、延べ床面積は2710平方メートルになる計画としている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告