兵庫県の新型コロナ対策本部会議が始まる 「まん延防止」7月11日まで

20210617対策本部会議

 兵庫県の新型コロナウイルス感染症対策本部会議が17日午後4時、県庁の災害対策センターで始まった(写真)。20日で期限を迎える緊急事態宣言が解除され、7月11日までの「まん延防止等重点措置」に切り替わる際に、どういった対策を実施するか協議する。

 冒頭にあいさつした井戸敏三知事によると、まずまん延防止等重点措置の対象地区をどうするか、次に大阪府の対策は現時点で詳細が明らかではない中で、飲食店での酒類の提供をどうするか、などがポイントになる。対象地区は「大阪との交流と感染状況を合わせて考える」という。

 土日・祝日の大規模店への休業要請などについて井戸知事は「国も地域の実情に任せるようだ」と指摘。休業要請と時短の両方を採用すべきかも、議論するという。会議終了後に井戸氏が記者会見して、21日からの対策について発表する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告