今夏の須磨・舞子は海水浴場開設せず 2年連続「海の家」も設置なし

20210617須磨海岸

 神戸市は2021年夏の須磨海岸(神戸市須磨区)とアジュール舞子海岸(神戸市垂水区)で、海水浴場を開設しないと発表した。両海岸で海水浴場の開設しないのは2年連続。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、多くの人が海水浴場へ向かうのを避ける「人流抑制」が目的としている。(写真は2020年8月の須磨海岸)

 須磨海岸には例年開設される休憩施設(海の家)も営業しない。ただ神戸市内など近隣の住民が水に親しむ際の日除け機能としてパラソルを設置する予定。須磨海岸では家族連れ用の区域も設置する。一方で神戸市は人流抑制を目的に、県外からの須磨海岸、アジュール舞子海岸への来訪は控えるよう呼びかけている。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告