ノーリツ、ベトナム・家電メーカーを持ち分法適用に 東南アジアに販路拡大

 ガス給湯器大手のノーリツ(5943)は16日、かねて協議してきたベトナムの大手浄水器・家電メーカーである「カンガルー・インターナショナル・ジョイント・ベンチャー・カンパニー」(ハノイ市)の株式44%の取得を同日完了したと発表した。カンガルー社はノーリツの持ち分法適用会社になった。株式の取得額は明らかにしていない。

 今回の株式取得で、これまでノーリツであつかっていなかった浄水器や電気温水器、厨房機器、冷蔵庫などの品ぞろえを追加できる。さらにカンガルー社の販路や生産拠点を活用し、ノーリツの東南アジア各国への進出、事業拡大をめざす。

 今回の株式取得による2021年12月の連結業績予想の修正はない。カンガルー社の収益は連結業績予想に織り込んでいなかったが、影響が軽微であるためという。同社は20年2月に、カンガルー社の株式を取得すると発表していた。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告