神戸市、「成人式」延期での貸衣装キャンセル料など補助 式典は12月12日に

 神戸市は15日、当初1月11日に開催を予定し、延期した5月3日もさらに延期していた「神戸市成人お祝いの会」(成人式)を12月12日に開催すると発表した。会場は当初の予定通りノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)にする。あわせて1月または5月に予定した「お祝いの会」が延期になったことで発生した、貸衣装のキャンセル料などを補助する制度を創設したことも発表した。

 当日は午前と午後に分けて密集を回避する。午前の回は東灘区、灘区、中央区、兵庫区、北区に住む新成人が参加。午前10時半に開場、午後11時半〜正午に開催する。午後の回は長田区、須磨区、垂水区、西区の新成人が参加する。午後2時開場で、午後3時〜午後3時半に開催。いずれも2000年4月2日〜01年4月1日に生まれた神戸市の住民が対象だ。対象者には神戸市からハガキを送る予定としている。

 補助するキャンセル料は衣装レンタル、写真撮影、着付け、ヘアメイクのうちサービスを受けないまま料金を支払った場合などの金額の半分を、6万円を上限に補助する。本人または料金を負担した家族が申請できる。ネットまたは書類の郵送で手続きできるが、神戸市は迅速な手続きのためにネット上での申請(オンライン申請)を促している。申請期間は7月5日〜12月31日を予定する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告