石光商事、5月の単独売上高20.6%増 食品・コーヒー・海外とも前年比増

 食品の専門商社である石光商事(2750)が11日に発表した同社単独の5月の月次売上高(速報)は、前年同月比20.6%増の27億3700万円だった。3カ月連続で前年同月を上回った。前年の5月中旬まで全国を対象とした新型コロナウイルスの緊急事態宣言が続いたことで、外食やホテルなどでの需要が低迷していた反動が表れた。今年は月間を通じて緊急事態宣言が発令されたが、東京都や近畿2府1県などに限られ、前年同月に比べると影響がやや小さくなった。

 事業部門(セグメント)別では、コーヒー・飲料部門の売上高が同24.1%増の10億400万円、食品部門は14.9%増の13億9600万円だった。日本の食品を輸出する海外事業部門は36.6%増の3億3700万円になった。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告