神戸市、円滑なワクチン接種や一極集中是正など求める 国への予算要望・22年度

20210611神戸市予算要望

 神戸市は10日、2022年度の国家予算に対する提案・要望を発表した。新型コロナウイルスに関連の6項目を含む、94項目を政府に求める。新型コロナ関連は冒頭にまとめて記載し、特に強調する方式を昨年に続き採用。新型コロナに関する財政支援や感染防止の強化とともに、「ワクチン接種の円滑な実施」も今回、新たに盛り込んだ。新型コロナ関連の1項目を含む10項目を新規に追加したが、全体の項目数は昨年(98項目)から4項目減少。新規の要望項目を際立たせる形になった。

 新型コロナ以外で新規に追加した重点要望項目は、「東京一極集中の是正のための大都市支援」「自治体情報システムの標準化」「神戸空港でのカーボンニュートラル推進」「スタートアップ・グローバル拠点都市」「ポートアイランドスポーツセンター再整備」「孤独孤立に対する支援」といった、主に新たに浮上した課題を盛り込んだ。

 11日に開幕する神戸市議会の6月議会では、関連する委員会で要望項目について報告する。新型コロナの感染状況を見極めたうえで、議会終了後の6〜7月に神戸市の幹部が上京して、各省庁に要望したり、神戸市選出の国会議員らに説明したりする計画だ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告