「京コンピューター」駅名変更19日に 表示など順次変更・ポートライナー

20200723富岳

 神戸新交通(神戸市中央区)によると、同社が運営するポートライナーの「京コンピューター(神戸どうぶつ王国)」駅を19日に「計算科学センター(神戸どうぶつ王国・『富岳』前)」に駅名変更する。同社は2021年6月に駅名変更すると20年11月に発表していたが、駅名を切り替える詳しい日付については特に発表していなかった。

 19日までに駅周辺の看板や表示などを順次取り替える。料金表やホームの駅名表示など駅構内の表示も順次取り替えるが、18日まではシールなどで隠し、18日の終電から19日の始発までの間に新駅名の表示に切り替える計画だ。

 駅名の変更は、駅近隣の理化学研究所・計算科学研究センターにあったスーパーコンピューター「京」の運用が昨年8月に終わり、21年3月に後継機「富岳」(写真=資料)の運用が始まったため。同駅の1日の乗車人数は約2300人(19年度平均)。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告