摩耶山・掬星台がダンスフロアに 5日に初開催「MAYA MUSIC PICNIC」

20210602掬星台看板

 ケーブルカーとロープウェーを乗り継いで、たどり着くのは標高700メートルのダンスフロア--。夜景の名所として知られる摩耶山上の広場「掬星台(きくせいだい)」では5日、屋外では初めてのDJイベント「MAYA MUSIC PICNIC(摩耶ミュージックピクニック)」を開催する。手持ちのスマートフォン(スマホ)などを専用の無線LANに接続し、広い掬星台の好きな場所で人気DJのプレイやダンスを楽しめる。(写真は掬星台の看板)

 山上でもテレワークや企業の会議ができるように、今春に強化した掬星台の無線LAN設備を週末も活用。掬星台の思い思いの場所で、ピクニックしながらイベントを楽しめる。DJは、神戸を中心に「Seditional Jazz」など多くのイベントを手がける人気DJのKhoji Matsudaが登場。Seditional JazzからはDJのRyoも登場する。サンシェード(日除け用テント)やハンモック、チェア、ポータブル電源などの有料貸し出しもある。

 参加費はワンドリンク付きで1500円。摩耶ロープウェーの星の駅前で受け付けで支払う。当日は正午スタートで午後4時半までの予定だ。当初は午後7時までを計画したが、新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受けて、ロープウェーの最終便が午後5時半になったため、イベントも「時短」になった。電子チケットで前売りしているが、当日会場での価格と同じだ。雨天の場合は7月3日に延期する。受信用のスマホやヘッドホンは各自持ち込む。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告