神戸マラソン「第10回」もう1年延期 2年連続で延期・代替行事を企画へ

 兵庫県や神戸市などで構成する神戸マラソン実行委員会は31日、今年の11月21日に開催を予定していた「第10回神戸マラソン」を来年11月に延期することを決めたと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で、大会運営に必要な医療従事者が集められない可能性もあることなどを考慮した。神戸マラソンが開催されないのは、神戸まつりと同様に2年連続になる。

 実行委では当初、日本陸上競技連盟が定める「ロードレース再開についてのガイダンス」などを参考に、安全で、安心して参加できる第10回神戸マラソンの開催を目指して準備してきた。ただ感染力の強い新型コロナの変異株などが出現したこともあり、総合的に判断した。感染防止対策を実施したうえで「ランニングイベント」や、「オンラインマラソン」など代替イベントの開催を検討する。

 開催していれば6月10日からランナーやボランティアの募集を始め、当日は2万人が出走する予定だった。ふるさと納税の寄付者に「神戸マラソン応援ランナー枠」として付与した神戸マラソンの参加権は、次回22年の神戸マラソンに引き継ぐ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告