神鋼環境、ベトナム・ハノイ市で最大級の浄水場工事を受注 22年度に稼働へ

20210527神鋼環境締結式

 神鋼環境ソリューション(6299)は27日、ベトナムの首都ハノイで1日に30万立方メートルと高い処理能力を持つ、浄水場の建設工事を受注したと発表した。同社が海外で受注した浄水場としては最大規模になる。ベトナムのタンロングループと、ハノイ市水道公社が出資した水道事業の特別目的会社「HRSW」から受注。2022年度中の完成を予定する。受注額は明らかにしていない。

 浄水場では同社の技術である「開放式サイフォン・フィルター」を採用した。サイフォン機構を利用した、重力式ろか設備だ。サイフォン管を使うことで、ろ過と逆洗の切り替えが容易で、メンテナンスしやすいのが特徴だ。昨年9月に正式に契約の締結式(写真)を開いたが、契約後の手続きなどがあったため、この時期の発表になったとしている。

 ベトナムでは急速な経済発展に伴い、安全な水の需要が急速に拡大している。このため民間の水道事業者による設備投資の一環で、浄水場整備が活発だ。これまで神鋼環境はベトナムで60件超の設備納入や運転維持管理の実績があり、今回の大型受注はベトナム側が信頼性や技術力の高さといった実績を評価したことが大きいという。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告