川重、自動PCR検査ロボットを関西国際空港に設置 夏ごろ稼働へ

詳しい記事を掲載しています。<こちら>もご覧ください。

 川崎重工業(7012)は20日、関西エアポート(大阪府泉佐野市)が運営する関西国際空港に自動PCR検査ロボットシステムを設置したと発表した。同システムは川重がシスメックス(6869)、川重とシスメックスの共同出資会社であるメディカロイド(神戸市中央区)と共同で開発。唾液を検体とした通常のPCR検査を約80分でできる。国際線出発旅客を対象に夏ごろの検査開始をめざす。同システムの旅客向けサービスは国内空港では初めてになる。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告

広告

広告