秋冬物の新作シューズ・サンダル展示会を中止 5月の中止は2年連続

 日本ケミカルシューズ工業組合(神戸市長田区)は、5月26・27日に神戸国際展示場で開催を予定していた2021〜22年秋冬物の展示会「第169回日本グランドシューズコレクション&全国サンダルフェア」を中止する。新型コロナウイルスの感染拡大による政府の緊急事態宣言が延長されたのを受けて、感染拡大の防止を目的に決めた。

 関係者の健康や安全に配慮して中止を決めたとしている。同組合では春、夏、秋冬に向けて年3回の展示会を開催。昨年5月に予定していた秋冬物の展示会も新型コロナの緊急事態宣言で中止になっており、2年連続の中止になった。10月に春物を出展する第170回の開催をめざす。

 同時に開催する予定だった、日本シューズ産業協同組合(神戸市長田区)による「第117回日本シューズ産業見本市」も中止する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告