神戸の百貨店、大丸・神戸阪急とも12日から全館営業 土日は食品売り場のみ

 神戸市内の大型商業施設で12日から、営業再開が相次ぐ。大丸神戸店(神戸市中央区)は12日からの平日は、全館で営業を再開する。営業時間は午前10時から午後7時までと通常よりも短縮。新型コロナウイルスの緊急事態宣言は12日から延長された期間に入るが、同日から兵庫県が平日の休業要請を取り下げたため。土日は引き続き、地下1階の食品売り場と地下2階の友の会カウンターのみ午前10時〜午後7時に営業する。

 神戸阪急(神戸市中央区)も12日から、平日は全館で営業を再開する。営業時間は午前10時〜午後7時に短縮する。これまで土日は全館休業していたが、今後は本館・新館の地下にある食品売り場のみ、午前10時〜午後7時に営業する予定だ。

 もっとも営業時間や店舗営業の有無は今後変更になる可能性もある。商業施設内のテナントによっても対応が異なる可能性があるため、実際に出かける際には引き続き各店舗のホームページなどで確認する必要がありそうだ。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告