石原ケミカル、時沢会長が退任 取締役定年で・会長は空席に

 ハンダめっき液大手の石原ケミカル(4462)は23日、代表権を持つ時沢元一会長(72)が6月25日の株主総会で取締役を退任し、相談役に就く人事を発表した。内規で定めた取締役定年のため。酒井保幸社長(68)は続投し、会長職は空席になる。同社の代表取締役は酒井社長1人になる。

 時沢氏は2013年6月〜19年6月に社長を務めた後、会長に就いていた。子会社のめっき液メーカーであるキザイ(東京都中央区)の会長は続ける。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告