大丸神戸店が化粧品の販売を休止 食品売り場・友の会のみ営業

 百貨店の大丸神戸店(神戸市中央区)は27日から化粧品と婦人洋品の売り場を休止し、食品売り場と友の会カウンターのみの営業に切り替えた。営業時間は26日までと同じ午前10時半〜午後6時半まで。同店は兵庫県を対象とした新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令された25日から臨時休館し、食品と化粧品、婦人洋品の一部の売り場を生活必需品として営業を続けていた。化粧品などの販売を休止した理由について、大丸神戸店は「兵庫県の要請を精査し、地域の情勢なども勘案して総合的に判断した」(広報担当者)としている。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告