20年度の神戸空港、新型コロナで旅客数が過去最低63%減 3月はプラス

20210424神戸空港旅客数

 空港運営会社の関西エアポートグループは23日、2020年度の神戸空港旅客数が19年度比63%減の121万3613人だったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、出張や旅行を控える動きが広がった影響を受けた。旅客数の減少で航空会社が相次いで減便し、さらなる需要減につながったもよう。比較が可能な、旅客数のうち幼児などを除いた有料顧客ベースでは、2カ月だった2005年度を除いて開港以来最低になった。

 19年5月に開催した関西3空港懇談会では神戸空港の発着枠拡大で合意。1日あたり10往復(20便)の発着枠が拡大したことで、スカイマークが増便、フジドリームエアラインズが新規就航するなどで旅客数も増加。19年度まで3年連続で過去最高を更新していた。ただ新型コロナの影響で20年5月には緊急事態宣言の影響もあって、旅客数が前年同期比95%減少するなど、航空需要が急減した。足元では徐々に回復しているが年度前半の減少分を補えなかった。

 あわせて関西エアポートグループが発表した3月の神戸空港旅客数は17万4788人だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、すでに昨年3月には減便の影響などが出ていたことこともあり、旅客数は昨年3月に比べ7%増えた。月間の旅客数が前年同月を上回るのは、20年2月以来13カ月ぶり。

▽関連記事
神戸空港、8月の旅客数が68.2%減 新型コロナで夏休み需要減・7月比も減少 (2020/09/25)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告