山陽電の復刻塗装車、ラストラン控え記念入場券 記念グッズも販売

緊急事態宣言の発令で、記念入場券の発売は延期になりました。
20210419山陽電入場券

 山陽電気鉄道(9052)は5月21日に、根強い人気があったベージュと紺の2色を使った昭和時代の塗装を2019年に復刻して運転してきた「3030号(4両編成)」の営業運転を終える。1969年に建造した車両「3030号さよなら記念イベント」の一環で「記念入場券」(写真=同社提供)を4月26日に発売する。板宿、山陽垂水、山陽明石、東二見、山陽姫路の各駅で使える入場券5枚のセットだ。500セットの限定販売を予定している。

 板宿、山陽垂水、山陽明石、東二見、山陽姫路の各駅で販売する。発売日の26日は正午から各駅で販売を始める。販売期間は5月31日までとしているが、500セットが売り切れると販売終了だ。入場券としての有効期間は発売から9月30日まで。券面に記載した駅で1枚につき1回限り有効で、電車内に立ち入ることはできない。価格は800円(160円の入場券5枚分)とした。

 さらに「さよなら記念鉄道グッズ」を25日に「ローソン+フレンズ」の山陽板宿ちか店と山陽垂水西店、須磨浦ロープウェイ山ろく売店「須磨浦ショップ」の3カ所で発売。A5リングノート(800円)、ハンドタオル(800円)、クリアマグネット(2種、各500円)を販売予定だ。ローソン+フレンズの2店舗ではアクリルプレート(3000円)なども販売。21〜27日には山陽百貨店(姫路市)本館1階の特設コーナーでオリジナルTシャツを販売する。

 このほかツートンカラーである3030号に関連して、明石駅の「山陽たい焼」では「濃厚ツートンジュース」(250円)を販売。板宿駅、山陽垂水駅、山陽明石駅、飾磨駅の「山陽そば」では「ツートンそば・うどん」(600円)などを販売中。30日までは記念のカード、5月1〜29日は記念のクリアチケットファイルが付く。5月29日の当選者による貸切運転(応募期間は終了)をラストランにして3030号は引退する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告