さくらKCS、持株会の持ち分が低下 大株主順位は変わらず

 東証2部上場で情報サービスのさくらケーシーエス(4761)は12日、同社の従業員持株会による同社株の持ち分比率が低下し、議決権を10%以上保有する主要株主から外れると発表した。従業員持株会は2020年12月31日時点で136万972株を保有し、議決権ベースでは12.15%を握っていた。これが21年3月31日時点では94万2672株と、同8.41%に低下した。大株主の順位は4位で変わらない。

 株数の異動は12日に確認したという。同社は持株会の保有株式数・比率について、持株会が継続的に同社株を買い付けるうえ、従業員の必要に応じて退会や株式の引き出しが発生すると指摘。持株会の保有株式数は「流動的」としている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告