ケンミンの焼小籠包「YUNYUN」、阪急神戸三宮の新駅ビルに期間限定で出店

20210407焼小籠包

 国内ビーフン最大手のケンミン食品(神戸市中央区)は、焼き小籠包(しょうろんぽう)の専門店「YUNYUN(ユンユン)」を阪急神戸三宮の新駅ビル「神戸三宮阪急ビル」に期間限定で出店する。阪急オアシスが同ビルの地下1階で展開する、ルクア大阪(大阪市北区)に続いて神戸では初めて展開する「キッチン&マーケット」に参加。三宮でも「南京町の味」を楽しめるようにする。

 「YUNYUN」は神戸市中央区の中華街「南京町」のほかルクア大阪、大丸心斎橋店にも出店している。いずれもビーフンと焼き小籠包の専門店だが、今回は期間限定とあって焼き小籠包に特化する。肉汁スープが入った定番の「焼小籠包」(税込み3個420円、写真=ケンミン食品提供)と、南京町の店舗だけで数量限定販売している「起司煎包(チーズチェンパオ)」(3個480円)などを中心に販売する予定だ。

 出店期間はビルが開業する4月26日から、6月21日までの約2カ月間を予定する。神戸の新しいランドマークとして関心が高まっている「神戸三宮阪急ビル」で、アンテナショップとしてケンミン食品やYUNYUNの認知度向上、神戸南京町への誘客などをめざす。営業時間は午前10時から午後11時(阪急オアシスの営業時間と同じ)。神戸三宮阪急ビルの休館日は休み。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告