京阪神FM3局で初の生ワイド番組 広域で情報共有・毎週土曜ひる11時

20210403京阪神FM共同制作
 FM京都 α-STATION(京都市下京区)、FM大阪(大阪市浪速区)、Kiss FM KOBE(神戸市中央区)の京阪神FM3局は3日から、毎週土曜の午前11時〜午後0時55分に新番組「Saturday Junction(サタデー・ジャンクション)」を放送する。京阪神の3局で同時に生放送する初の生放送のワイド番組だ。週替わりで各局が順番に制作する。それぞれの街の雰囲気を互いに伝え合うことで、より広域で情報共有する。

 京阪神エリアの魅力を再発見し、週末を楽しくする情報発信をめざす。1~3月期には毎週水曜日に約10分間、コロナ禍で関心が高まったマイクロツーリズム(短距離観光)を意識した3局同時の生放送コーナー「ZOOM IN KANSAI」を放送。これを本格的なワイド番組として拡大する形だ。ディスクジョッキーは川原ちかよさん(写真左=各局提供)、遠藤淳さん(同中)、藤原岬さん(同右)が週替わりで登場。それぞれ京都、大阪、神戸から放送する。

 3日の第1回はα-STATIONが制作を担当。動物園が大好きという川原さんが「ドライブ、ウイークエンドをキーワードに心地よい音楽や、ふらっとお出かけしたくなる京阪神の週末情報をお届けします」と番組を紹介。京阪神のイベントを紹介するコーナーでは京都の「二条城桜まつり」、大阪の「ネモフィラ祭り」、淡路島の「春のカーニバル2021」を取り上げた。

 各局が京都府、大阪府、兵庫県のサービスエリアにとどまらず、より広域に情報発信することで、情報源としての番組の影響力が高まる公算だ。営業面では3局共同で広告枠を販売できるのもメリット。近畿地方の主要3都市「京阪神」と需要が見込めるにも関わらず、他メディアには珍しいエリアにCMなどを届けることができる。今後は3局で放送するからこそできる企画や、「ならでは」のゲストが登場することなども想定しているという。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告