井戸兵庫知事「維新候補の応援まず考えられない」 7月の知事選

20210331井戸兵庫知事

 兵庫県の井戸敏三知事(写真=兵庫県が配信した動画より)は30日に開いた定例記者会見で、同氏が立候補しないと表明している7月の知事選について「いずれにしても私が維新の候補を応援することは、まず考えられないでしょうね」と述べ、維新が推薦すると伝わる斉藤元彦氏を応援する可能性は低いとの見方を示した。「(知事)与党がどのようにまとまっていくか、それを踏まえて行動させていただくことになる」との意向を語った。

 県議会の最大会派であり知事与党として井戸知事を支援してきた自民は、副知事を勤めた金沢和夫氏に立候補を要請。同氏も立候補を表明した。ただ金沢氏の擁立に反発した自民議員の11人は会派を離脱し、斉藤氏の擁立に回った。一方で。同じく知事与党で、立憲民主党の議員らが所属する「ひょうご県民連合」と、公明は現時点で態度を明確にしていない。

 次の知事に求める資質について改めて問われると、井戸氏は「5つの(旧)国の力を統合して、県としての潜在力を生かせるリーダーシップのある知事を求めていくということ」と強調した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告