さくらKCSの第3位株主が「富士通Japan」に 富士通から移管

 システム開発のさくらKCSは24日、同社株を13.84%保有する第3位の株主が、4月1日付で富士通から同社の完全子会社である「富士通Japan」になると発表した。富士通のグループ内再編に伴い、さくらKCSの株式保有を富士通からシステム開発・構築に関係する子会社の富士通Japanに移管するため。

 富士通Japanが保有する株式数は、これまで富士通が保有してきた155万株と変わらない。株主の異動によるさくらKCSの業績への影響はないとしている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告