神戸製鋼、溶接材料を値上げ 5月から10%以上・ほぼ2年ぶり

2021/03/23 11:30 3文目を追加し、見出しを一部改めました

 神戸製鋼所は23日、金属を溶接するのに使う溶接材料を値上げすると発表した。ステンレス・アルミ系材料を除く全品種の価格を5月1日納入分から10%以上引き上げる。溶接材料の値上げは2019年4月以来ほぼ2年ぶり。

 溶接材料の主原料である線材や薄板に加え、配合溶剤として添加する合金などの調達価格も上昇しているため。副資材代や輸送費なども上がり、採算確保には上昇したコストの価格転嫁が不可欠と判断した。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告