2年ぶりアコフェス、有観客ライブを同時配信 20日発売・ Kiss FM KOBE

20210319akofes.jpg

 兵庫県内がサービス地域のFM放送局であるKiss FM KOBEは4月11日から、神戸の街角で人や音楽に出会うライブイベント「トアロード・アコースティック・フェスティバル2021」を開催する。昨年は新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受けて中止したが、2年ぶりに開催。これまでカフェや旧小学校なども会場にしたが、今回は密集回避のため感染防止のガイドラインを守ったうえで、ライブハウスのみを会場にする。同時に動画配信も実施して、多くの人がライブを楽しめるようにする。

 4月11日は午後3時半から「トアロード・アコースティック・フェスティバル2021 vol.1」をチキンジョージ(神戸市中央区)で開催。川崎鷹也、関取花、NakamuraEmi、bird(五十音順)が出演する。ライブハウス現地でライブを観覧できるのは90人だ。会場観覧のチケットは、整理番号が付いて税込み4000円とした。別にドリンク代(600円〜)が必要。配信チケットは2500円で、翌日午後11時59分までストリーミング配信する。配信には「Streaming+」を使用する。

 4月18日には午後3時半から「トアロード・アコースティック・フェスティバル2021 vol.2」を神戸VARIT(神戸市中央区)で開催する。アカシアオルケスタ、堀込泰行、松室政哉、ゆいにしお(五十音順)が登場。会場の定員は65人を予定する。チケットの価格はvol.1と同じで会場が整理番号が付いて税込み4000円+別にドリンク代、配信チケットは2500円とした。vol.1、vol.2とも一般発売は20日の午前10時だ。

 会場での観客には、入場時には検温やアルコールによる手指消毒のを求める。マスクの常時着用なども求める。大声での声援や会話は禁止する。Kiss FM KOBEは「vol.3」以降も開催に向け準備を進めている。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告