モロゾフ、今期税引き益42%増に 売上高コロナ前の9割を見込む

20210316モロゾフ決算

 洋菓子大手のモロゾフは16日、2022年1月期の単独税引き利益が前期比42%増の5億円になりそうだと発表した。新型コロナウイルスの緊急事態宣言などで前期に臨時休業が相次ぎ、収益が悪化した反動が表れる。店舗販売の回復による増収効果に加え、稼働率の改善による生産性の向上も寄与する見通しだ。一方で、年間配当金は前期据え置きの60円とした。 

 売上高は3%増の265億円、営業利益は15%増の8億6000万円を見込む。消費者の間に感染防止への意識が高まるなかで、地方や郊外の店舗は前期に続いて好調に推移し、前期に苦戦した東京都心など都市部の店舗にも一定程度は客足が戻るとみる。ただ「みやげ物やギフトなどは引き続き(新型コロナの)影響を受けそう」(山口信二社長)として、売上高はコロナ前である20年1月期の90%程度を想定した。

 同時に発表した21年1月期の単独決算は、税引き利益が前の期に比べて68%減の3億5200万円だった。新型コロナを受けた減収の影響に加え、従業員休業補償等の1億3900万円を特別損失に計上したのも響いた。売上高は13%減の256億円、営業利益は55%減の7億5100万円になった。同社は3日に前期の業績予想を修正していた。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告