神商で初のピッチイベント、地元スタートアップ6社登場 11日開催

20210306神商ピッチ登壇者
 神戸商工会議所は11日に、新たな技術やサービスの社会実装をめざして企業したスタートアップ6社によるピッチイベント(事業説明会)を開催する。神商が主催する初のピッチイベントで、神戸の企業との協業や連携、スタートアップによる資金調達などをめざす。シェア(共有)オフィスの運営会社なども「推薦者」として登場し、スタートアップ各社の取り組みを支援する。

 登場する6社は、産業用ドローンを使ってインフラ設備を点検する「Pegara, Inc」、地域情報共有プラットフォーム「ためま」、店舗運営支援のITサービス「FixU」、顧客の入退室管理サービスの「80&Company」、総菜の定期宅配サービス「ブイクック」、核酸だけでのゲノム編集技術を実用化する「Nexuspiral」の6社。いずれも会社のトップが集まり、ピッチ(説明会)に臨む。

 6社の登壇者が集まる神戸商工会議所「神商ホール」で観覧できるほか、密集・密閉回避を目的にテレビ会議システムのZOOM(ズーム)でも会場の様子を動画で配信。ハイブリッド形式のイベントだ。現在は会場、ZOOMともに観覧者を募集している。主な対象はスタートアップとの協業・連携を考えている地元企業だが、スタートアップに関心があれば参加できる。

 観覧を希望する場合は、会場の場合もZO0Mで参加の場合も神戸商工会議所のホームページから申し込む。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告