ネスレ日本、キットカット10年ぶり新シリーズ 「全粒粉」で健康志向に対応

20210304門脇麦さん

 ネスレ日本は4日、チョコレートブランド「キットカット」の新シリーズ「キットカット ミニ 全粒粉ビスケット in」を8日に発売すると発表した。健康素材として注目を浴びる「全粒粉」を採用。ザクザクとした食感と、麦の香ばしい風味を楽しめる。キットカットとしては2010年に発売した「オトナの甘さ」シリーズ以来およそ10年ぶりの新シリーズになる。

 通常の小麦粉は表皮や胚芽を取り除いて製粉するが、小麦の粒をすべて使って製粉したのが「全粒粉」。食物繊維が豊富で、表皮と胚芽に由来する香ばしい風味が特徴だ。「全粒粉ビスケット in」ではウエハースの外側部分に、キットカット専用の全粒粉ビスケットを練り込んだ。通常の小麦よりも栄養の高い全粒粉を、日常生活の中に手軽に取り入れられるようにした。

 テレビ会議システムを通じて記者会見したネスレ日本の槙亮次執行役員は「安心、安全、健康への意識の高まりに、わたしたちもできることがあるのではないかということで、今回の新商品の開発にいたった」と話した。麦の風味を強調したこともあり、女優の門脇麦さん(写真=ネスレ日本提供)を「全粒粉ビスケット in」の公式アンバサダーに起用。8日から放送するテレビCMにも出演する。

 3枚入り、11枚入り、13枚入りの3サイズを販売。メーカー希望小売価格はそれぞれ税込みで129円、324円、540円とした。3枚入りと13枚入りは全国のスーパーやドラッグストアで、11枚入りは全国のコンビニエンスストアでそれぞれ販売する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告