シャルレ、セカンドキャリア選択支援制度に8人応募 3月末に退職

 シャルレは22日、1月13〜29日に募集したセカンドキャリア選択支援制度に8人が応募したと発表した。6人が社員で2人が再雇用嘱託社員だった。3月31日付で退職する。退職金に加えて支給するセカンドキャリア選択支援金の総額は、5000万円になった。セカンドキャリア選択支援金は21年3月期決算に営業費用として計上。今期の業績予想を修正する必要はないという。

 50歳以上の社員または再雇用嘱託社員を対象として、通常の退職金に加えてセカンドキャリア選択支援金を支給。希望者には再就職支援会社を通じて再就職を支援する。募集人数を定めず、今後は毎年実施することを1月に発表していた。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告