FDA、神戸〜青森の臨時便を25日以降も継続 3月8日以降は定期便で運航

 地域航空会社のフジドリームエアラインズ(FDA)は22日、青森空港と神戸空港を結ぶ1往復2便の臨時便を25日以降も継続して運航すると発表した。同社は17日から同路線で臨時便の運航を開始。24日まで運航する計画を示していた。13日に福島県沖で発生した最大震度6強の地震を受けて、東北地方の交通アクセス確保を支援する。

 臨時便は3月7日までの運航を予定。3月8日からは通常ダイヤの定期便で神戸〜青森便を1往復2便、運航する計画だ。臨時便と通常ダイヤの時刻は同じで、神戸発が午前11時45分、青森発が午後0時25分。FDAは名古屋(小牧)〜花巻の臨時便も25日以降に継続する計画を示している。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告