楽天市場で「神戸市WEB物産展」第2弾を15日から 新店舗は3割引に

 神戸市は15日から、ネット商店が「楽天市場」に神戸市の特設ページを開設して「神戸市WEB物産展」を開催する。神戸ビーフや灘の酒、スイーツなど食品に加え、真珠やシューズなど神戸を拠点に活動する企業や店舗の商品を全国に向けて紹介する。特設ページでは最大3割引のクーポンを配布して、地元の中小・小規模事業者らを支援する。

 前回の2020年11月に続く第2弾だ。サイトは15日午前10時にオープン。3月15日まで。特設ページで販売する商品のうち、新たに楽天市場に出店した店舗の商品を購入する際に3割引きのクーポンが付く。すでに出店していた店舗の商品を購入する場合は1割引だ。クーポンは1ユーザーあたり10回まで。1回の注文では5回まで利用できる。

 兵庫県も楽天市場内に開設した、同県の公式オンランショップ「ひょうご市場(H5MANIA)」の販売促進キャンペーンを3月28日まで実施中だ。3000円以上を購入した場合に利用できる2割引きのクーポンを配布し、送料も無料になる。さらに「ひょうごe-県民」に登録すれば1000円が割引きになるクーポンも受け取れる。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告