神戸天然物化、立地促進の補助金を特別利益に 取得価格から控除で相殺

 神戸天然物化学は10日、出雲工場(島根県出雲市)での新棟建設などについて、島根県と出雲市から企業立地促進助成金を受け取ることが決まり、4億7211万円を2021年3月期の特別利益に計上すると発表した。助成金交付の確定通知書が届いたという。

 同時に、取得価格から補助金の額を除いて相殺する会計処理を目的に、4億2069万円を特別損失として21年3月期に計上する。今回の特別利益、特別損失はいずれも、昨年5月13日に示した業績予想に織り込み済みとしている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告