アシックスとカシオ、ランナー向け個別コーチング 専用G-SHOCKを3月発売

20210127両社社長

 アシックスとカシオ計算機は27日、ランナー向けに個別のコーチングを提供するサービス「ランメトリックス」を3月4日に開始すると発表した。カシオはサービスの利用に必要になる計測機や、専用の腕時計をG-SHOCKブランドで3月4日に発売する。カシオのデジタル技術と、アシックスのスポーツ工学に関するノウハウを持ち寄り、今回のサービスを開発。ランニングの距離やピッチなどを管理するだけでなく、走り方の特徴を可視化して、改善点や練習プログラムなどを提案する。

 腰の部分に骨盤の動きを観測する「モーションセンサー」を取り付けて走ると、ランニングに関する20種類の指標を算出。これらを専門家でなくても分かりやすい形に変換してスマートフォンのアプリで表示し、走り方のクセなどを可視化する。さらに速さや距離といったランナーの目標に合わせたコーチングで、モチベーション(やる気)を引き出す。専用の計測器とアプリでコーチングは利用できるが、専用のG-SHOCKを使うことで心拍などの情報も記録できるうえ、指標をリアルタイムで確認できたり、ランニングフォームの乱れが通知されたりする。
20210127ウエアラブル製品
 モーションセンサー「CMT-S20R-AS」(2枚目の写真中=アシックス提供)は税込み1万4080円、専用G-SHOCK(同左)とのセット「GSR-H1000AS-SET」は5万7200円で3月4日発売。全国の家電量販店やネット通販などで販売する。アプリは無料で配布し、機器をそろえればサービスは無料で利用できる。さらに10月にはウォーキングを管理するサービス「ウォークメトリックス」の提供開始をめざす。ランニングに加えて健康領域にも事業を拡大し、より多くの利用者獲得をねらう。サービスの内容について現在、詳細を詰めているという。

 アシックスの広田康人社長(1枚目の写真左=アシックス提供)とカシオの樫尾和宏社長(同右)が27日午後に、テレビ会議システムを通じて記者会見して発表した。樫尾社長は両社の連携事業について迅速な意思決定などを目的に、21年中にも共同出資会社を設立する方針を示した。そのうえで「5年目の年間売上高100億円、アプリ登録者数500万人をめざす」との目標を掲げた。広田社長は「関連事業をどれだけ大きくできるかが鍵」と指摘。現時点で将来の目標といった「数字は持っていないが、(デジタル技術の活用は)われわれの次の成長の糧(かて)になると思っている」と強調していた。

 アシックスは、専用G-SHOCKやモーションセンサーとデザインをそろえたシューズ「NOVABLAST」(2枚目の写真右)を3月4日に発売(メーカー希望小売価格は税別1万7000円)。同社は今回のサービス開始が、コーチングを受けた利用者に最適なシューズを推奨できるようにすることに加え、同社のスポーツ施設の利用を通じて顧客とより深い関係を築くきっかけにできるとみる。さらに、専門のトレーナーによるオンラインコーチングや、AI(人工知能)によるトレーニングの支援といった、次の課金サービスにもつなげられると考えているという。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告