JR西日本系、新電力シン・エナジーに出資 再生エネ開発などで連携

 JR西日本の投資子会社であるJR西日本イノベーションズは19日、新電力のシン・エナジー(神戸市中央区)に出資したと発表した。シン・エナジーの既存株主から相対取引で株式を取得したという。シン・エナジーが保有するバイオマス発電施設などを積極活用することで、JR西日本のサービス地域内でのエネルギーの地産地消モデルをめざす一環として出資を決めたとしている。

 出資額や出資比率は公表していないが、数億円程度とみられている。JR西日本イノベーションズは2016年12月の設立時点で投資枠30億円、5年間で30件の程度の投資めざすことを示していた。出資比率も3分の1等には届かず、直接的な経営への影響は持たないようだ。まずはJR西日本のサービス地域でにバイオマス発電所を誘致するなど、再生可能エネルギー開発で連携する方針だ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告