アシックスが4日続落 米メディアで東京オリンピック開催に悲観報道

20191231神戸株ワッペン

終値 1792円 -69円(-3.71%)

 18日の東京株式市場ではアシックス(7936)が4日続落した。一時は前週末比95円安の1766円まで下落した。同社が上位スポンサー「ゴールドパートナー」になっている東京五輪・パラリンピックを巡って開催に悲観的な見方が逆風になっている。15日に米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は15日に、「新型っコロナウイルスの感染拡大の影響で(東京五輪の開催に)不確実性が増している」と報じた。

 記事では欧州や米国などで感染が拡大しているほか、開催国の日本でも感染者数が増えていると指摘。国際オリンピック委員会(IOC)関係者らの間で、安全な開催の実現に懐疑的な見方が出ていると伝えた。「第2時大戦後、初めて五輪が中止に追い込まれるかもしれない」と言及した。国内スポーツ関係者の間では、感染対策を実施したうえでの開催に期待をつなぐが、予断を許さないとの見方が根強いようだ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告