シャルレ、セカンドキャリア支援を毎年実施 50歳以上の社員を対象

 婦人下着の訪問販売が主力のシャルレは13日、50歳以上の社員を対象にした「セカンドキャリア選択支援制度」を導入すると発表した。専門性などの強みを社外で発揮することをめざすベテラン社員の背中を押し、新たなキャリア形成を支援。シャルレの社員の年齢構成の適正化にもつなげたい考えだ。今回は13〜29日に希望者を募集して3月31日を退職日とするが、1回限りの希望退職者の募集とは異なり募集人数を定めず、毎年実施する計画という。

 希望者には所定の退職金に加え、セカンドキャリア選択支援金を支給する。希望者には再就職支援会社を通じて再就職支援も実施する計画だ。セカンドキャリア選択支援、再就職支援にかかる費用は現時点で未定という。業績への影響は確定すれば、改めて開示する計画としている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告