神栄、新型コロナのワクチン向けに温度記録機5000台受注 ツインバードに納品

20210108神栄温度ロガー

 神栄は8日、新型コロナウイルスのワクチンを配送や保管する際に使う用途で、子会社の神栄テクノロジーが製造する温度記録機(温度ロガー)「『Temp View』 GT002-DF」5000台を受注したと発表した。電気機器メーカーのツインバードに出荷し、同社が製造する超低温冷凍庫に取り付ける。2月中旬までに納品する予定としている。神栄は今後の需要拡大なども見込み、同製品を月間5000台以上、生産できる体制を整備した。販売価格などは明らかにしていない。(写真は神栄提供)

 今月にも日本で臨床試験が始まる米モデルナの新型コロナワクチンについて、配送・保管にツインバードが開発したフロンガスをまったく使わない冷凍庫の採用が決まった。ワクチンの品質保持には、国内倉庫から医療機関の接種場所まで一貫して摂氏マイナス15度〜マイナス25度に保つ必要があり、厳格な温度管理が求められる。このため、庫内温度の計測管理に専用の温度ロガーを取り付け、流通過程でもワクチンの品質が維持できていることを示す。

 温度ロガー本体は外部に取り付け、リード線を庫内に挿入して先端の温度センサーで計測する。一般的な温度ロガーは記録した温度データを読み取るのに、専用の読み取り機が必要になるという。だが神栄テクノロジーの製品ではブルートゥースで通信して、スマートフォンやタブレットでデータを取り出せるのが特徴だ。温度の分析や解析リポート作成などが円滑にできることなどが、評価されたという。神栄は同製品を1月に発売すると、昨年10月13日に発表していた。

 モデルナ製のワクチンは日本での開発、申請、流通は武田薬品工業が担当する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告