神戸同友会の20年度提言「国際観光競争の中で選ばれる兵庫・神戸になるために」

20201225同友会提言図

 神戸経済同友会が25日に発表した2020年度の政策提言「HYOGO+の下、ALL HYOGOでバリューアップ! 〜国際観光競争の中で選ばれる兵庫・神戸になるために〜」の項目は以下の通り。(イラストによる「目指す姿」の図2)

◎提言1.ウィズ・コロナ、アフター・コロナ対応への戦略変更~最優先課題は国内観光の促進~
(1)安全・安心:ウェルネス旅ひょうご・神戸
(2)県民・市民発、国内のリピーターづくりからインバウンドへ

◎提言2.京都・大阪・瀬戸内などとのアライアンス強化
(1)他のDMO(県内・周辺および就航先)との連携強化
(2)量より質:兵庫・神戸ならではのコンテンツ創造
  ~アライアンス強化のイニシアティブをとるに足る魅力的な観光地~
(3)交通の要衝・結節点としての魅力の強化

◎提言3.観光地としての交通利便性の向上
    ~「MaaS」の構築〜
(1)兵庫・神戸版観光型MaaSに向けて
(2)いざMaaS社会実装に向けて(周辺エリアと一体となったMaaS構築)
(3)関西広域観光圏の観光型MaaSへの展開

◎提言4.利用者目線の情報発信
(1)リアルな情報発信の重視
(2)MaaSアプリ機能の有効活用(中長期的な情報発信)
(3)観光大使・PR大使の発信、県民・市民からの情報発信

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告