須磨海浜水族園、現在のイルカ館で最後のイルカライブ 21年2月末まで

20201225イルカ館

 神戸市立須磨海浜水族園は26日から、現在の「イルカライブ館」で開催する最後のイルカライブ「THE FINAL〜つなぐ2021→2024〜」を開催する。1989年に開設した現在のイルカライブ館(写真=神戸市の発表資料より)は、須磨海浜公園の再整備事業のため2021年2月28日で利用を終了。26日から上演するのが現在のイルカライブ館で開催する最後のプログラムになり、同施設での32年間に終止符を打つ。

 今回のプログラムには、新たな施設が開業する予定の2024年に向けて、テーマの「つなぐ」を連想させる楽曲や、トレーナーからの感謝のメッセージなどを盛り込んだ。多くの来場者やスタッフ、イルカたちが過ごした時間を振り返りながら、楽しくすごせる内容をめざした約15分間のプログラムだ。

 開催期間は2020年12月26日〜21年2月28日。ただし21年1月6日以降の毎週水曜日は休園日。平日は午前11時からと午後1時半からの2回、土日祝は午前11時、午後0時半、午後2時の3回を予定する。26日〜21年1月5日と、2月は土日祝のスケジュールで1日3回を予定する。

 イルカの状態により、予告なく中止・変更する場合がある。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告