ドーンが再び大幅高、4年半ぶり高値 「映像通報システム」蒸し返し

20191231神戸株ワッペン

終値 3900円 +300円(+8.33%)

 24日の東京株式市場ではドーン(2303)が急伸した。一時は前日比380円高の3980円まで買い進まれた。2016年5月以来ほぼ4年半ぶりの高値。特に目新しい買い材料は出ていないとみられる。警察庁が110番通報の際にスマートフォン(スマホ)から動画を送ることができるシステムを、2021年度から全国の都道府県で導入する方針であるとの報道を蒸し返し、再び買いの勢いが強まった。

 ドーンが開発し、すでに兵庫県警で導入している映像通報システム「Live110」が普及するとの見方が広がった。10日に最初に報じられて以来、新聞やテレビなどで報道が相次いだ。そのうえ政府が21年度予算を閣議決定した21日の直前だったこともあり、報道の信頼性は高いと受け止められやすかった面があるようだ。

 映像通報システムの全国的な導入について、ドーンは引き続きコメントなどを発表していない。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告